コードブルーは、フジテレビ系で放送されているテレビドラマシリーズです。

 

主演は山下智久さんで、その他にも新垣結衣さん、戸田恵梨香さん、浅利陽介さん、比嘉愛未さんが出演しております。

コードブルーは1~3までドラマがあり、映画が公開されることが決まっております。

なので、気になる方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?

 

そこで今回は、コードブルー1シーズンをまた見たいのと思っているあなたに、コードブルー1シーズン 9話の無料視聴方法や、見どころなどについてご紹介していきたいと思います

コードブルー 1シーズン 9話を無料視聴する方法とは

『コードブルーシーズン1』のように古いドラマを視聴するには、TSUTAYA DISCASを使用するのがとてもオススメです。

TSUTAYA DISCASとは、ほかの動画配信サービスと同じような動画配信と、TSUTAYAのレンタルDVDを宅配で受け取れるサービスとなります。

 

返却もかなり簡単で、郵便ポストに投函するだけになるので、延滞料金等の発生もしないのです!

そんなTSUTAYA DISCASでは現在30日間無料キャンペーンを実施しております!

 

もし試していただいて気に入らなければ、もちろん無料お試し期間中に退会することもできますし、その場合は料金は一切かからないのです!

なので無料で見れるということになりますね!

 

無料お試しサービス終了後は、お手続きなしで自動で有料サービスをご利用となりますので無料でされたい方はご注意くださいね!

 

コードブルー 1シーズン 9話の基本情報やおさらい

コードブルー1シーズンの基本情報とは

コードブルー1シーズンでは、翔陽大学附属北部病院救命救急センターにフライトドクター候補生としてやってきました4人の若い医師達の成長を中心に物語が展開していく作品となってます。

 

その人らは指導医と呼ばれる厳しい医師の元、初めて経験する壮絶な現場を毎日のように遭遇することによって、今まで自信を持ってきた自身の能力や技術の無さを痛感していくのです。

 

また医療現場としてのリアルなことや緊迫感を演出するといった技術力の高さがポイントとなっており、医療に詳しくない人でも分かりやすく理解できるであろうドラマとなっているところが魅力的だと思います。

 

本作品のドラマの最大の見どのろはフェローと呼ばれる若き4人の医師達の医療現場での経験から、人間としての成長、また人生への考え方を学んでいくといったところとなります。

 

コードブルー1シーズン 9話のおさらい

藍沢は、爆発事故の現場で落下物に腕をはさまれてしまった黒田を救出するために、その場で彼の腕を切断しました。

藍沢は、白石、緋山とともに黒田を救命救急センターに搬送します。

 

森本は、藍沢とともに緊急オペに入り、切断された右腕の接合手術を開始しました。何とか右腕は接合することができたものの、大幅な機能回復は見込めない状態でした。

白石は、病院に帰った後、脱水症状となり寝ていました。そんな中、三井から黒田のことを知らされた白石は呆然となりました。

 

黒田の事故を受け、翔北病院では安全管理委員会が開かれました。集まった役員たちの前に出席したのは、部長の田所、森本、そして事故現場に行った藍沢、白石、緋山、冴島、梶でした。

事務長の春日部や弁護士の相馬は、白石や藍沢に対して厳しい言葉を浴びせました。春日部や相馬は、フェローを現場に行かせたことを問題視していました。

 

森本や梶は、白石や藍沢をかばいました。

すると相馬は、フェローをヘリに乗せるようなシステム自体に問題があると指摘し、ヘリの存続も含めて今後の対策を検討する、と田所たちに告げます。

 

そんななか、ヘリの出動要請が入ります。ヘリに乗り込もうとした白石でしたが、事件のことを思い出し、ヘリに乗れず変わりに藍沢が現場に向かいます。

現場は、成田空港で男の子がエスカレーターより、転落したということ。その男の子は、黒田と別れた妻・有里子のとの息子・健一でした。

 

有里子は、黒田に健一を助けてくれと言いますが、黒田はもう手術ができないことを伝えます。

腹腔内出血のオペは無事に成功をむかえましたが、新たに脳腫瘍が見つかります。

 

脳腫瘍があったため、一時的に意識がなくなりエスカレーターから誤って転落したといいます。

脳腫瘍の手術は、難しいものでありました。

 

有里子は、仕事ばかりで家族を犠牲にして腕を磨いてきた黒田に対し、自分の息子の時は、何もしてやれないなんて、なんのために家族を犠牲にしてまで、医者をやってきてのかと問いただします。黒田は何も言えませんでした。

 

自分の息子を助けられない、黒田は白石に対し「お前らと出会わなければよかったな」といってしまいます。それを聞いた白石はショックで、自分を責め立てます。

また、藍沢も黒田の手を切断したことがベストだったのかと悩むのです…。

 

コードブルー 1シーズン 9話の見どころは

黒田先生の感情

黒田先生は腕を切断しています。

切断している黒田の心境は、とても穏やかではないのでしょうが、さすが黒田先生なのでなにも周りには分かりませんね。

それでいてフェローたちに指示出したり指導したり想いを伝えたり…この方はすごい方ですね。

 

藍沢の心境

藍沢は黒田先生の腕を切断したことで悩みます。

また、そんな心境の中でも白石のことも心配していました。

 

またこんなことも珍しい話ではなるのですが、きっと、自分も黒田先生のことで悩んでいるからでしょう…。

少し気持ちが分かるのかもしれませんね。

 

黒田先生の元妻

黒田先生と元妻との間の息子が脳腫瘍であることが判明します。

しかし、黒田先生は腕を失ってしまったので手術はできません。

 

そこで元妻は、息子になにもしてあげられないなんてなんのために家族犠牲にしてまで医者してたのなどと言われます。

腕を失くした黒田先生にはかなりきつかったと思うのですが、息子を思う気持ちがでかすぎたのでしょう…。

そのときの黒田先生の表情、行動も見どころです。

 

コードブルー 1シーズン 9話の感想

腕を切断することになってしまった黒田先生は、外科医としての道は閉ざされてしまいました。白石が自分を責めるのところがとても見ていてとても辛いです。

でも自分を責めないわけにはいかない場面でもあるので難しいところですが。

 

そして、藤川が優しい!藤川の出番は少なかったのですが、それでも優しさを感じますね。藍沢が白石をすごく心配してて、珍しい!と思いまた。

その藍沢も黒田先生の腕を切ったことで後悔していましたので、なにかしら分かる気持ちがあるのかな?とも思いましたね。

 

でもあそこで切らなければ黒田先生は死んでいたと思いますし…。でも…むしろ死んでしまった方が本人の気持ちとしては良かったのか?などとも思ってしまいました。プライドの部分を考えたらですが…。

コードブルー3でもあった「命より大切なもの」がここにも出てきている気がしましたね。

 

「もしも」って言い出したらキリが無いですよね。

 

黒田先生の元妻が言っていることがひどいとは思いましたが、そう思っても仕方ないよなってことを言っていましたね。

考えて当然のことではありますが、黒田先生の立場になればそんなこと言われるとつらいものですね…。

 

コードブルー 1シーズン 9話動画のまとめ

いかがでしたか?

今回も8話に続き、かなりショッキングな場面が多かったように思えます。

しかし、それもまた現実味があってリアルなので自分も他人事のように思えなくなるんですよね…。

かなり印象的な作品なのでぜひ見てみてくださいね!