コードブルー 動画1シーズン8話を無料で視聴する方法をご紹介します。

本作は救命救急センターを舞台に、フェローシップの一環としてやってきた若きフライトドクター候補生や指導医達、それにドクターヘリに携わる人々の奮闘と葛藤を描いております。

また、大災害や負傷者多数の現場におけるトリアージ活動の厳しい現実を扱った話も多数挿入されております。

なのでとてもリアリティがありドキドキハラハラする場面が多く、感動もあるので見応え抜群なドラマとなっております。

コードブルーはすでに映画にもなることが判明しておりますので、コードブルー1から見直したい!という方も多いのではないでしょうか?

今回は、コードブルー1シーズン 8話についてどんなお話だったのか!動画視聴方法とあらすじ見どころもご紹介していきたいと思います。

コードブルー 1シーズン 8話を無料視聴する方法とは

『コードブルーシーズン1』のように古いドラマを視聴するには、TSUTAYA DISCASを使用するのがとてもオススメです。

TSUTAYA DISCASとは、ほかの動画配信サービスと同じような動画配信と、TSUTAYAのレンタルDVDを宅配で受け取れるサービスとなります。

返却もかなり簡単で、郵便ポストに投函するだけになるので、延滞料金等の発生もしないのです!

そんなTSUTAYA DISCASでは現在30日間無料キャンペーンを実施しております!

もし試していただいて気に入らなければ、もちろん無料お試し期間中に退会することもできますし、その場合は料金は一切かからないのです!

なので無料で見れるということになりますね!

無料お試しサービス終了後は、お手続きなしで自動で有料サービスをご利用となりますので無料でされたい方はご注意くださいね!

コードブルー 1シーズン 8話の基本情報やおさらい

コードブルー1シーズンの基本情報とは

コードブルー1シーズンでは、翔陽大学附属北部病院救命救急センターにフライトドクター候補生としてやってきました4人の若い医師達の成長を中心に物語が展開していく作品となってます。

その人らは指導医と呼ばれる厳しい医師の元、初めて経験する壮絶な現場を毎日のように遭遇することによって、今まで自信を持ってきた自身の能力や技術の無さを痛感していくのです。

また医療現場としてのリアルなことや緊迫感を演出するといった技術力の高さがポイントとなっており、医療に詳しくない人でも分かりやすく理解できるであろうドラマとなっているところが魅力的だと思います。

本作品のドラマの最大の見どのろはフェローと呼ばれる若き4人の医師達の医療現場での経験から、人間としての成長、また人生への考え方を学んでいくといったところとなります。

コードブルー1シーズン 8話のおさらい

妊婦の母子共に死亡した件で、裁判となおりました、三井、正直な気持ちを真壁に話したことからなのな、提訴取り下げとなりました。

そんな中、藍沢は、三井、冴島とともにドクターヘリで中年男性を搬送しておりました。

患者の名前は福島達夫、夏祭りの山車が見物客に向って倒れ、その下敷きになった達夫は、腹部に山車の一部と思われる木片が刺さっておりました。

同じころ、白石、緋山、藤川は、黒田とともに救急車の到着を待っておりました。

達夫の父で80歳になる重蔵、達夫の妻・清美、そして9歳になる達夫の娘・結菜もこの事故に巻き込まれて翔北救命救急センターに運ばれておりました。

藍沢は、黒田とともに達夫のオペに臨んでおり、刺さっていた木片を除去します。重蔵たちも、幸い、大事には至りませんでした。

しかし、元気だった達夫の父の重蔵でしたが、熱があり検査してみたら腹膜炎でありました。一方達夫は、頭の中に血の塊があり、達夫の妻・清美にオペの決断を迫ります。

清美は、オペを決断しオペの終了を娘と待ちます。常ににぎやかな家族でしたが、オペが成功するのか、心配で成功した際は大泣きし喜びました。

あくる日、ヘリの出動要請が入ります。化学工場で熱傷患者が出たのだといいます。

黒田、白石、冴島は、現場の工場へと向かいました。ですが、そこで白石は、事故現場にとり残された患者を助けようとして、安全確認をする前に事故現場に入ってしまったのです。

黒田が白石に安全確認がとれていないのに、中へ入るなと呼びとめに行った時に、突然上から鉄骨が落下してきて黒田が巻き込まれます。

藍沢と緋山が現場に到着、黒田は腕が鉄骨に挟まっている状態でありました。白石は何も出来ずにいました。

レスキューの救助を待っている時間もなく、黒田は腕を切れと藍沢に言います。

コードブルー 1シーズン 8話の見どころは患者のリアル感

患者のリアリティ感

こんな患者いるな!という患者や、かなりリアルに怪我をしている患者がいます。

リアリティがすごいからこそ、感情移入することができますし、医療への不明点とかも分かったりするのでいいですよね。

とにかく、事故が起きた時の患者のリアリティ感は見どころです!

切ない祖母と藍沢のシーン

「ごめん、俺の都合がいいときばかり会いに着て」

「うん無理しなくていいよ。今度ね孫が来てくれることになった」

絹江は目の前にいるのが自分の孫の耕作だとは気づかない。でも藍沢は絹江だと知っている・・・おばあちゃん子だった藍沢にとって辛いシーンした。

黒田先生の決断

黒田先生は藍沢に俺の腕を切れ!と言います。

その瞬間は、時が止まってしまったのかと思うくらいにドキッとして、衝撃でした…。

その時の藍沢の表情や、行動については見どころですよ。

コードブルー 1シーズン 8話の感想 シーズン1の中でもかなり重い内容

この回は、今後のコードブルーを見る上でだいぶ重い話だったのではないかなと思われます。

医療技術がすごい技術で、知識もすごい黒田先生の医者生命にも関わる事件でしたね。あらすじを見ただけではこのすごさは分かりません!

工場に向かうシーンがすごい緊張しました…。新人なのにこんなことまでやらないといけないのは大変ですね。

ていった感じで、もし自分が被害者というかけが人だったら、相手の医師が新人とかわからないよなぁ。。。

それってちょっと怖!とリアルに考えてしまいましたね。

でもどんな仕事をするにしても必ずベテランが新人を教えるものだから新人がいて当たり前なのはそうなんですが、やはり命にか変わることなので怖いですよね…。

新人のミスで命がなくなったりしたら、もうたまったものじゃないですからね…。

なんてことを真面目に考えさせられました(笑)

藍沢先生の祖母が、今度孫が来てくれるのって言った時の山下さんの悲しそうな演技がうまかったなぁと思いました。

すごい上手くて、こっちまでウルウルしちゃいました。

自分のこと全然覚えてないとかどんだけ辛いことか…。

役なんだってことはわかるんですが、山下さんの演技がすごすぎて見入ってしまい涙そそられますね。

コードブルー 1シーズン 8話のまとめ

いかがでしたか?

このコードブルー1シーズン 8話は黒田に悲しい事件がおきるのでとても覚えている方も多いのではないでしょうか?

そのくらい迫力のある見どころ満載な話となってます!

気になる方、また見たい方はぜひ見てみてくださいね!