コードーブルーの映画公開があり、盛り上がっているコードブルー!

そこで今回は、

  • コードブルー1シーズンを見返したい
  • おさらいしておきたい
  • 1シーズンの6話が見たい

このようなあなたのために

主演は山下智久さんです。そのほかの新垣結衣さん、戸田恵梨香さん、浅利陽介さん、比嘉愛未さんなどなど豪華キャストが出演します!

それでは今回は、無料視聴方法と、コードブルー1シーズン 6話のおさらいをしつつ見どころもご紹介していきたいと思います。

コードブルー 1シーズン 6話を無料視聴する方法とは

『コードブルーシーズン1』のように古いドラマを視聴するには、TSUTAYA DISCASを使用するのがとてもオススメです。

TSUTAYA DISCASとは、ほかの動画配信サービスと同じような動画配信と、TSUTAYAのレンタルDVDを宅配で受け取れるサービスとなります。

返却もかなり簡単で、郵便ポストに投函するだけになるので、延滞料金等の発生もしないのです!

そんなTSUTAYA DISCASでは現在30日間無料キャンペーンを実施しております!

もし試していただいて気に入らなければ、もちろん無料お試し期間中に退会することもできますし、その場合は料金は一切かからないのです!

なので無料で見れるということになりますね!

無料お試しサービス終了後は、お手続きなしで自動で有料サービスをご利用となりますので無料でされたい方はご注意くださいね!

コードブルー 1シーズン 6話の基本情報やおさらい

コードブルー1シーズンの基本情報とは

コードブルー1シーズンでは、翔陽大学附属北部病院救命救急センターにフライトドクター候補生としてやってきました4人の若い医師達の成長を中心に物語が展開していく作品となってます。

その人らは指導医と呼ばれる厳しい医師の元、初めて経験する壮絶な現場を毎日のように遭遇することによって、今まで自信を持ってきた自身の能力や技術の無さを痛感していくのです。

また医療現場としてのリアルなことや緊迫感を演出するといった技術力の高さがポイントとなっており、医療に詳しくない人でも分かりやすく理解できるであろうドラマとなっているところが魅力的だと思います。

本作品のドラマの最大の見どのろはフェローと呼ばれる若き4人の医師達の医療現場での経験から、人間としての成長、また人生への考え方を学んでいくといったところとなります。

コードブルー1シーズン 6話のおさらい

翔北救命救急センターに、藍沢の祖母・絹江が運び込まれました。

絹江は、買い物途中に転倒して大腿骨を骨折していました。

藍沢は、ドクターヘリで搬送されてくる患者の受け入れ準備をしている最中に、黒田から絹江のことを知らされました。

しかし藍沢は、治療が終わっているのなら後で絹江のところに行く、と答えるのです。

緋山と森本は、家の2階の屋根から転落した患者・小田をヘリで搬送します。黒田たちは、ショック状態に陥った小田を初療室に運んで処置します。

同じころ、藤川は、微熱と腹痛を訴えて救急外来にやってきた上村を診察しておりました。そこに冴島がやってきて、藤川を外へと呼び出します。

上村の息子・久志が藤川に話があるのだといいます。そこで久志は、奇妙なことを話し始める。何と彼は、父親に呪いをかけたというのです。

医局に戻った藤川は、白石や緋山を相手に、藍沢の噂話を始めました。藤川によれば、藍沢は幼いときに両親が離婚し、引き取った母親が他界したために絹江に育てられたのだといいます。

そんななか、藍沢は絹江のもとを訪ねます。

するとそこに藤川と緋山がやってきました。白石も、藤川たちに半ば強引につき合わされていました。

仕方なく、絹江に藤川たちを紹介しようとする藍沢。ところが絹江は、藍沢のことを覚えておりませんでした…。

何故か藍沢にも「初めまして」とあいさつします…。

「俺だよ」と言う藍沢、が絹江から「どちら様」と言う言葉が返ってきました…。

絹江を診察した西条は、ケガのショックによる一時的な健忘症か認知症だと判断します。

藍沢も同じ意見だっと言います。藍沢は、その事実を冷静に受け止め、しばらく絹江の様子を見ることにします。

藤川は、冴島とともに、久志から事情を聞いていました。

久志は、勉強しろトップになれ、と口うるさい父親に対して不満が募り、黒魔術を使ったのだといいます。

ネットで黒魔術のやり方を調べたという久志によれば、上村は意味不明な行動を取た挙句、1週間後に狂い死ぬのだといいます。

上村の病気が何であるのかわからない藤川は、黒魔術をかけたという久志の証言を完全に否定することもできず、冴島を呆れさせます。

するとそこに、上村が奇妙な行動を取り始めたという知らせが入ります。上村が、植木鉢の土を美味そうに食べ始めたのです。

信じてなかった藤川も思わず「黒魔術だ・・」つぶやき…黒田に黒魔術人形を向けるのでした。

そんな中、ドクターヘリの出動要請が入ります。

コードブルー 1シーズン 6話の見どころは藍沢と祖母

藍沢と祖母

買い物中に転倒して入院していた藍沢の祖母がケガのショックからか認知症の症状がみられ、藍沢の顔をみても孫と分からず、藍沢に「はじめまして」とあいさつするのです。

その後も「私のお金を返せ!」と叫んだり、売店で手当たり次第に菓子をカゴに入れたりするという行動…。

そんな祖母に戸惑いながらも藍沢はどう接していくのでしょうか?

お金への執着

お金を返せ!などと藍沢の祖母が言った理由がとても泣けます。

いつもクールな藍沢が泣きます。その藍沢の涙はとても見どころですね。

またそれを見ているフェローにも注目です。

冴島の家族のこと

藤川と冴島が”父親に人形でのろいをかけた”と言っていた息子の久志に事情を聞くのです。

久志の話では、口うるさい父親に不満が募って黒魔術を使ったと発言。

その黒魔術のやり方はネットで調べたらしく、父親は意味不明な行動をとった挙句、1週間後に狂い死ぬ…とも言うのです。

藤川は、その黒魔術を信じていたので、そんな藤川に冴島は呆れます。

そして、藤川はふと何かを思い出して資料室に行くのですが、そこに別のことでいた白石に会うのですが、このことがきっかけで、冴島の父親や兄弟のことなどが明らかになります。

一体どういう内容なのでしょうか?

コードブルー 1シーズン 6話の感想 いろんな形の愛に感動

結婚に反対された娘が父親を突き飛ばしたことが原因で救急搬送され、その時偶然に緋山がステージ4のガンを見つけ宣告をされます。

やんちゃな娘へ生き方の助言をし、結婚を許す。

という父親は緋山に「先生、結婚式まで持ちますか?」と聞くシーンがとても切なく思いました。

しかし、娘に突き飛ばされたことから病気を発見することができ運命ではないのかなと思いました。

一方、藤川が担当した男性に付き添う息子の姿。息子は勉強の事をうるさく言う父親に対して黒魔術の呪いをかけたといい、その通りかと思うほど分からない病気でした。

結局、黒魔術ではなく歯の治療が原因で髄膜炎でした。

男性の病気のヒントを与えたのが看護師の冴島でした。藤川は冴島のことを「医師より優秀なナース」と言って手柄を独り占めすることはありませんでした。そこはすごい部分ですね。

その態度をきっかけに冴島が藤川に心を開くようになったような気が個人的にします。

この回では、4人の患者の親子の話となります。

藍沢のおばあちゃん入院.認知症発症する。父親の年金目当ての娘。父親に黒魔術をかけた息子。父親に結婚を反対され反発する娘。

色んな親子の形が次々と流れます。

しかし、どの親子にも共通するのは、「親の心、子知らず。」親子だからこそ素直に慣れない、そういった感じですね。

突然病気になったら自分がどうなるのか考えたらなんとなくわかるかもしれませんね。

患者だけでなく、白石、緋山、冴島の親子の関係も明らかになっていきましたね。

それにしても藍沢は強いですよね。

子供は、無償の愛に気づき、どんな形で答えられるのか凄く難しく、考えさせられた6話だったと思います。

コードブルー 1シーズン 6話のまとめ

いかがでしたか?

このコードブルー1シーズン 6話はとても感動した作品でした。

祖母と藍沢のやり取りは本当に泣けます。

もらい泣きしてしまいますねこれは…。

気になる方はぜひ、見てみてくださいね!きっと感動すること間違いないですよ!