ドラマ『コード・ブルー 2シーズン』は2010年に月9枠で放送された作品となります。

『コード・ブルー』は、フライトドクターを目指し、救急医療センターで研修制度を受ける若手医師たちの姿を描いた医療ドラマの傑作となります!

コードブルー2シーズンの10話は、最終回前の作品ともあってかなりドキドキのお話!

 

そこで今回は、

コードブルー2シーズンの10話の動画を見たいあなたへ、

高画質で無料で見れる動画サイトをご紹介します。

コードブルー 2シーズン 10話を無料視聴する方法とは

『コードブルーシーズン2』のように古いドラマを視聴するには、TSUTAYA DISCASを使用するのがとてもオススメです。

 

TSUTAYA DISCASとは、ほかの動画配信サービスと同じような動画配信と、TSUTAYAのレンタルDVDを宅配で受け取れるサービスとなります。

 

返却もかなり簡単で、郵便ポストに投函するだけになるので、延滞料金等の発生もしないのです!

 

そんなTSUTAYA DISCASでは現在30日間無料キャンペーンを実施しております!

もし試していただいて気に入らなければ、もちろん無料お試し期間中に退会することもできますし、その場合は料金は一切かからないのです!

なので無料で見れるということになりますね!

 

無料お試しサービス終了後は、お手続きなしで自動で有料サービスをご利用となりますので無料でされたい方はご注意くださいね!

 

 

コードブルー 2シーズン 10話の基本情報やおさら

コードブルー2シーズンの基本情報とは

ドラマ『コード・ブルー2シーズン』は2010年に月9枠で放送された作品となります。

月9ドラマとしての放送は、2シーズンからのみとなり、1シーズンは「木曜劇場」枠ドラマ、2009年に放送されたスペシャルドラマは「土曜プレミアム」ドラマとして放送されておらました。

『コード・ブルー』は、フライトドクターを目指し、救急医療センターで研修制度を受ける若手医師たちの姿を描いた医療ドラマの傑作となっております。

 

2シーズンでは、フェロードクターとしての期間を経て、医師として成長していく姿が描かれております。

前作の大ヒットもあってか、放送前から話題を集め、平均視聴率が16.6%と前作を超える大ヒットドラマです。

 

脚本は、前作に引き続き「救命病棟24時」、「医龍」などの医療系ドラマを多く手がける林 広司、主演も前作と同じくジャニーズの山下 智久が演じております。

主題歌も、引き続き、Mr.Childrenが担当されております。

 

コードブルー2シーズン 10話のおさらい

藍沢耕作、白石恵、緋山美帆子、藤川一男のフェロー終了認定の日が近づいていた。

そして、ついに田所良昭部長のオペが始まろうとしていた。

田所の手術は、脳外科の西条章だけではなく、心臓外科の協力も必要となる困難なものに…。

 

田所の手術を知った、黒田脩二も病院を訪ねて来ていた。

そんな大手術が開始されようとした時、ドクターヘリ要請が入ってくる。

『飛行機が墜落した』と…。

 

現場の詳細もわからないまま、三井環奈、藤川、冴島が搭乗したヘリが飛び立つ。

病院では橘啓輔がタッチアンドゴーで藍沢たち残っている医師やフライトナースたちを現場に送ることにする。

 

その時、墜落した飛行機の便名を聞いた白石の顔色が曇る。

その飛行機には白石の父、博が、田所の見舞いから帰路についた飛行機だった。

それを知った橘は、現場に出すのは無理だと判断するが、白石は自ら志願する。

 

墜落現場では、まだ飛行機に医師たちが近づくことができず、近くの体育館に次々と被害患者が運び込まれていた。

藍沢、白石は、先に着いていた緋山たちに合流し、患者のトリアージを始める。

 

そんな中、藤川はかつての列車事故の際、ともに患者を助けた救急隊員、細井と再会する。

細井は藤川同様、列車事故当時よりたくましくなり、キビキビと働いていた。

緋山は、重度の熱傷を負った男性患者を診ますが、心に傷を負っている緋山は自ら治療を決断できない。

 

その姿を見ていた橘がやってきて、応急処置をほどこしながら『過去を引きずらずに、今出来ることをするように』と緋山を奮い立たせるよう言葉をかける。

その後、緋山のもとに、新たに男の子の患者が運ばれてきて、助けなきゃと思い始めた。

白石は博文が見つからず心が乱れて、冷静な判断を欠いていた。

 

そんな白石を藍沢がフォローし、博文の特徴を書いた紙を警察官か消防に渡して患者に専念するよう促す。

別の場所で被害者を診ていた藤川の傍らに新たな患者が運ばれてくる。

なんと、それは再会したばかりの細川で、その首には金属が突き刺さっていた…。

 

ようやく飛行機への接近が許され、藍沢たちが急ぐ。

その途中、自ら怪我を負いながらも現場で患者のトリアージを行い、救急や消防隊員に指示を出す博文の姿を発見する。

なぜ、体育館に行かなかったのかと責める白石に、博文は『医者だからだ』と…。

 

飛行機に向う藍沢が、血だらけの男を発見する。

男は、飛行機の中に息子を置いてきてしまったと、パニック状態になっていた。

一方、病院では、田所の手術が危険な状態に陥っていた。

 

心臓外科の力を借り、限られた時間、田所の心蔵を停止、低体温状態で脳手術に挑む西条でしたが、その時間内に西条の処置が終わりそうにない。

次回、藍沢たちが現場でどのような判断をして、また一つ成長するのか…。

 

コードブルー 2シーズン 10話の見どころは

田所の手術

田所の手術がとうとう始まります。

心臓を止めての手術となるのですが、止めている時間内に終わりそうにありません…。

果たして成功することはできるのか…ドキドキです。

 

白石の父

白石の父が乗っているであろう飛行機が墜落したのでドクターヘリで現場に乗り向かいます。

白石は、来ないようにいいましたが志願して、行くこととなります。

 

父は無事ではありましたが、避難せずに消防士や、救急に指示を出していました。

その姿はかっこいいですね。白石がなぜ避難しなかったのかと質問したときの「医師だから」という回答も最高です。

 

藤川の再会

藤川は列車の事故の際に一緒に患者を助けた救急の細井と再会します。

列車の事故のときとは比べてすごくキビキビと動いておりかっこいい人になってました。

 

そんな細井さんですが、その後悲惨なことに…。

これは、悲しすぎました。助けることはできるのか…。

 

コードブルー 2シーズン 10話の感想

この回は、さすがに最終回の1つ前ということもありすごい事件が起きますね。

コードブルー1の時充分大きい事件だったんですけど、それよりもスケールアップした事故となってました。

 

エキストラさんとかどれくらいいるんだろうとか、考えてしまうほど、大人数。

田所部長の手術に黒田先生も駆けつけてくれるし、西条先生も橘先生もみんな尊敬の念をもって接しています。

 

これまでの話でも充分すごい人だなと思ってたけど、本当に良い人なんだなってわかるシーンが今回は多くありますね。

黒田先生は、救急医療の現場から離れてNBAの本を買ったりバスケの勉強をしたりしています。

 

それでも医療の現場にいたことは変わりません。黒田先生が教えていたころと比べて、フェローはみんな成長しましたね。

一番成長したのは藤川じゃないかなと感じました。

お父さんと一緒にご飯ができなかった白石も切ない…。

 

再開は飛行機の事故現場となりました。無事に会えて本当に良かった…。あのシーンは泣けますね。

そしてまた泣けるのが緋山となります。緋山は訴えられた事件から患者が怖くなります。

 

命がかかわる治療になると、とたんに弱気になります。橘先生の「翼くんも帰ってこないし、間違ったことはしていない。」という言葉が印象的ですね。

緋山はまだショックから抜けれてませんが、またしても子供の治療を頼まれてしまいます…。頑張ってほしい思いですね。

 

藍沢も、白石も藤川も緋山も、みんな何かの壁を越えようとしている話となりました。

 

コードブルー 2シーズン 10話のまとめ

いかがでしたか?

やはり、最終回前の話だけにとても濃い話でしたね。

ドキドキがとまりません!

最終回を早く見たい!とさせてくれるところはさすがコード・ブルーと思いますね(笑)

本当に感動しますので、ぜひ見てみてくださいね!またもう1度見てみたくなった方もぜひ見てみてくださいね!