コードブルー 2シーズン動画8話をpandora以外で無料視聴できるサイトをご紹介していきます。

ドラマ『コード・ブルー 2シーズン』は2010年に月9枠で放送された作品となります。

主演はもちろん山下智久さん。新垣結衣、戸田恵梨香、比嘉愛未ら人気共演陣も続投となります!

そこで今回は、コードブルー2シーズン動画8話を無料で視聴できるサイトや見どころについてご紹介していきたいと思います。

コードブルー 2シーズン 8話を無料視聴する方法とは

『コードブルーシーズン2』のように古いドラマを視聴するには、TSUTAYA DISCASを使用するのがとてもオススメです

TSUTAYA DISCASとは、ほかの動画配信サービスと同じような動画配信と、TSUTAYAのレンタルDVDを宅配で受け取れるサービスとなります。

返却もかなり簡単で、郵便ポストに投函するだけになるので、延滞料金等の発生もしないのです!

そんなTSUTAYA DISCASでは現在30日間無料キャンペーンを実施しております!

もし試していただいて気に入らなければ、もちろん無料お試し期間中に退会することもできますし、その場合は料金は一切かからないのです!

なので無料で見れるということになりますね!

無料お試しサービス終了後は、お手続きなしで自動で有料サービスをご利用となりますので無料でされたい方はご注意くださいね!

 

コードブルー 2シーズン 8話の基本情報やおさらい

コードブルー2シーズンの基本情報とは

ドラマ『コード・ブルー2シーズン』は2010年に月9枠で放送された作品となります。

月9ドラマとしての放送は、2シーズンからのみとなり、1シーズンは「木曜劇場」枠ドラマ、2009年に放送されたスペシャルドラマは「土曜プレミアム」ドラマとして放送されておらました。

『コード・ブルー』は、フライトドクターを目指し、救急医療センターで研修制度を受ける若手医師たちの姿を描いた医療ドラマの傑作となっております。

2シーズンでは、フェロードクターとしての期間を経て、医師として成長していく姿が描かれております。

前作の大ヒットもあってか、放送前から話題を集め、平均視聴率が16.6%と前作を超える大ヒットドラマです。

脚本は、前作に引き続き「救命病棟24時」、「医龍」などの医療系ドラマを多く手がける林 広司、主演も前作と同じくジャニーズの山下 智久が演じております。

主題歌も、引き続き、Mr.Childrenが担当されております。

コードブルー2シーズン 8話のおさらい

藍沢耕作は、白石恵に父の誠次と会い、母の死の真相を聞いたことを話します。

その白石は、父、博文を見舞うため休暇をとり、実家へ帰ろうとしていました。

一方、緋山美帆子の医療過誤を訴える野上明彦、直美兄妹は、弁護士を立て、正式に病院への説明申し入れを行ってきます。

藤川一男と冴島はるかは、一月も前に亡くなった娘の姿を求めて、毎日、病院を訪ね来る母親、時田早苗への対応に苦労していました。

そんな時、消防からドクターヘリ要請が入ります。

アナフィラキシーショック(アレルギー反応による重篤な症状)と思われる高校生の救命搬送の依頼です。

ところが、同じ症状の高校生が次々に発生します。多くの患者が病院に運ばれてきます。

緋山は、橘啓輔、田所良昭らと、明彦、直美、彼らの弁護士、羽田への説明に入りました。

羽田の鋭い追及に、緋山は自分の行為を受け入れて謝るばかりです。そんな緋山に、橘が本当の気持ちはどうなのかと促します。

田所も緋山に、謝罪しなければならないようなことをしたのかと諭します。すると、緋山は直美の息子に何の治療も出来なかった無力さを話しだします。

そして、直美の最後の願いをかなえるため、息子の呼吸器を外して抱かせてやったと話しました。

また、DNRオーダーを取らなかったのは、家族を死なせる書類にサインなどさせることができず、家族の悲しみに寄り添いたかったと思いのたけを吐き出しました。田所は、緋山が受けた心の傷を心配します。

アナフィラキシーショックの集団発生は、サッカーの試合後に出された弁当が原因だと判明しました。

事態は沈静化に向います。その夜、白石は父の博文に電話しました。

今まで反抗してきたことや、病気に気づかなかったことを謝罪します。

すると、博文は自分や家族を後回しにするのは、白石が医者だからだと答えます。そんな父の優しさに涙する白石は、帰れなくなったと告げました。

白石は博文に一日でも長く生きて欲しいと約束して電話を切ります。

藤川は梶寿志から、彼が妻と結婚した経緯を聞きます。そして、藤川は冴島に亡くなった人のことを引きずるのは当たり前だと言い、自分に出来ることがあればフォローすると話しました。

次の日、また早苗が亡き娘の姿を求めて病院に現れました。すると、冴島は何度でも病院に来て下さいと早苗に告げます。藍沢の祖母、絹江が退院することになりました。

ロビーに見送りに来た藍沢は、誠次から全てを聞いたと絹江に話します。そして、藍沢は不幸な事実を全て飲み込んで自分を育ててくれたことを感謝しました。

絹江を見送った藍沢は、緋山と話します。緋山は、患者を相手にするのが怖くなったと泣き崩れました。

田所の不安が当たったのです。その田所は、部長室で倒れます。

コードブルー 2シーズン 8話の見どころは感動のシーンが多数

白石と父親

白石は父親に素直に話し、父親も白石に素直に話すシーンはとても泣けます。

父と子。難しい部分もあるかもしれせんがやはり家族には変わりないんですよね。

子供が親に少しでも長生きしてほしい気持ちはみんな同感ですね。

藤川の言葉

藤川は冴島に亡くなった人のことを引きずるのは当たり前だと言い、自分に出来ることがあればフォローすると話しました。

これは言われるとグッときますね。

それによって亡くなった人を思う人の気持ちがわかって冴島も少し変わったかもしれませんね。

藍沢の祖母の退院

藍沢の祖母が退院となります。

それを見送る藍沢。すべてを知ったと言う藍沢。

そして緋山との会話では感動します。見どころですよ!

コードブルー 2シーズン 8話の感想 白石と父親の言葉に感動

医者が謝らないといけないのは、患者のためにならなかった時だけ…。緋山のあの告白を聞いて、何よりも本人が一番やるせない思いでしょうね。

自分の息子を殺すという書類を、あの時に出されていたらどうなったか、自分が一番理解していることでしょうし、それをしなかった緋山を責めないでいられるのは、この事件の当事者だけでしょう。

結局、緋山は罪には問われないってことでいいんですね。そうだと嬉しいことではありますが。難しい部分ですよね。

藤川は補欠なんかじゃありません。藤川は、自分にできることをやってくれてます。

医者で、人の気持ちのわかるとても良い人だと思います。

冴島のことも理解しようとしてくれてますし、梶さんが藤川に優しいのは、過去の自分と重ねているせいもあるのかもしれませんね。

三井先生も、過去の自分と緋山を重ねている感じがしますね。橘先生も、過去の自分の反省を緋山から感じとってますね。きっと。

みんな過去があっての今がある。藍沢も吹っ切ったみたいでホットしました。

コードブルー 2シーズン 8話のまとめ

いかがでしたか?

今回も白石と父親の話にはもらい泣きしそうになりました…。

やっぱり親と子供の絆は強いですね。本当に長生きしてほしいと思いましたね。

また、藍沢も吹っ切れた感じで祖母も退院できてホットしましたね。

冴島も失った辛さから自分と同じような人の気持ちが分かるようになりより、いい看護師さんになったかのように見えましたね。

コードブルー2シーズン8話をまた見たい!や気になった方はぜひ見てみてくださいね!