『コード・ブルー』は、フライトドクターを目指し、救急医療センターで研修制度を受ける若手医師たちの姿を描いた医療ドラマの傑作となってます。

月9ドラマとしての放送は、2ndシーズンからのみであり、1stシーズンは「木曜劇場」枠ドラマ、2009年に放送されたスペシャルドラマは「土曜プレミアム」ドラマとして放送となりました。

そこで今回は、コードブルー2シーズン2話の動画や、過去の動画全てが見れる方法をご紹介していきます。

ファンしか知らない、必見のコードブルー見どころもご紹介していきます。

コードブルー 2シーズン 2話を無料視聴する方法とは

『コードブルーシーズン2』のように古いドラマを視聴するには、TSUTAYA DISCASを使用するのがとてもオススメです。

TSUTAYA DISCASとは、ほかの動画配信サービスと同じような動画配信と、TSUTAYAのレンタルDVDを宅配で受け取れるサービスとなります。

 

返却もかなり簡単で、郵便ポストに投函するだけになるので、延滞料金等の発生もしないのです!

そんなTSUTAYA DISCASでは現在30日間無料キャンペーンを実施しております!

 

もし試していただいて気に入らなければ、もちろん無料お試し期間中に退会することもできますし、その場合は料金は一切かからないのです!

なので無料で見れるということになりますね!

 

無料お試しサービス終了後は、お手続きなしで自動で有料サービスをご利用となりますので無料でされたい方はご注意くださいね!

 

コードブルー 2シーズン 2話の基本情報やおさらい

コードブルー2シーズンの基本情報とは

ドラマ『コード・ブルー2シーズン』は2010年に月9枠で放送された作品となります。

月9ドラマとしての放送は、2シーズンからのみとなり、1シーズンは「木曜劇場」枠ドラマ、2009年に放送されたスペシャルドラマは「土曜プレミアム」ドラマとして放送されておらました。

 

『コード・ブルー』は、フライトドクターを目指し、救急医療センターで研修制度を受ける若手医師たちの姿を描いた医療ドラマの傑作となっております。

2シーズンでは、フェロードクターとしての期間を経て、医師として成長していく姿が描かれております。

 

前作の大ヒットもあってか、放送前から話題を集め、平均視聴率が16.6%と前作を超える大ヒットドラマです。

脚本は、前作に引き続き「救命病棟24時」、「医龍」などの医療系ドラマを多く手がける林 広司、主演も前作と同じくジャニーズの山下 智久が演じております。

主題歌も、引き続き、Mr.Childrenが担当されております。

 

コードブルー2シーズン 2話のおさらい

藍沢耕作は、翔北に入院した祖母、絹江の病室をたびたび訪ねてくる山田一郎という見舞い客を受付ノートに見つけました。

藍沢は山田のことを聞くが、絹江は知らないと言います。そこで、絹江の病室によく出入りしている藤川一男にも尋ねてみますが、心当たりはない様子でした。

 

白石恵は緋山美帆子の体を心配し、診てもらうようにと心臓外科を手配します。しかし、緋山は入院していた時の分のフライト数が足りないと応じようとしません。

一方、入院してきた冴島はるかの恋人、田沢悟史は延命措置を拒否します。主治医とも連絡がついたのだが、もはや転院させられる状況ではありませんでした。

 

緊急外来、救急車…次々と訪れる患者たち。

藍沢たちは、びまん性の脳腫瘍患者や、妻に灰皿をぶつけられた夫、海外で整形手術を受けて後遺症に悩む女性たちを橘啓輔(椎名桔平)の指導のもとに治療していきます。

 

そんな中、藤川は頭蓋低骨折の患者にいち早く気づいて橘にほめられて喜びを隠せません。

次の日、ドクターヘリの要請が入り、藤川は橘、冴島と現場に飛びます。工事現場で鉄材が落下して作業員2名が下敷きになったのです。

 

橘は重症に見えた患者の治療にあたる。藤川は、話もはっきりしているもう一人を診るのだが、突然倒れてしまいした。

大量血胸を確認し、焦る藤川。手の離せない橘は、病院の藍沢をCS室に呼び出し、藤川に指示を出すよう命じました。動揺する藤川を落ち着かせ、出血を止める手際を教える藍沢。

 

藤川も手際よく治療をするのだが大血管損傷もあって、現場での治療は限界。搬送する時間もなく、患者は息を引き取りました。

その頃、緋山は海外で整形手術を受けた女性の腕に異常を認め、緊急手術に入ります。

 

女性は壊死性筋膜炎を発症していて、腕は切り落とされた。だが、手術後に女性は亡くなります。

この女性は、帰国前に現地のレストランで食べた魚料理でバクテリアに感染していたのです。細菌培養では何も発見されなかったと悔やむ緋山。

 

白石は脳の手術を受けた男性患者を診ていました。難しい手術で、場合によっては手術前の記憶を失う危険も伴っていました。

男性は妻ともども承知で手術を受けたのですが、意識を回復した男性からは、やはり記憶が消えていました。

 

そんなある日、絹江がトイレで倒れて捻挫しました。病室に駆けつけた藍沢に、主治医は状況を説明します。

主治医が出て行くと、鎮痛剤で眠る絹江がうわ言を始めました。藍沢が声をかけると絹江は「お前が、夏美を殺した」と…。

 

コードブルー 2シーズン 2話動画の見どころは

白石と緋山

ライバルでもある白石と緋山。

それでも、ライバルでもあるが仲間でもあるので白石は緋山を心配します。

しかし、緋山はそれどころではなく焦っていました。

白石の優しさも見えず…。これからどうなるのか心配になる緋山でした。

 

リアルな現場

工事現場で鉄材が落下して作業員2名が下敷きになった現場へヘリで向かいます。

それもどれもリアルです。

そこで起きることにはきっと目が離せないことでしょう。

 

藤川の成長

藤川は頭蓋低骨折の患者にいち早く気づき、橘にほめられて喜びます。

しかし、工事現場で作業員を診ようとしたとき、突然倒れました。

 

そして、大量血胸を確認し焦ってしまいます…。

果たして、藤川は対応することができるのか?見どころです。

 

コードブルー 2シーズン 2話の感想 藤川の成長

今回はそれぞれ担当した患者の死と2つの選択肢を問われるシーンがメインでしたね。

白石はこの2年間でたくましいほど医者としての使命を感じて、黒田の犠牲を無駄にしないという気持ちが彼女を変えましたね。

 

これが良いのか悪いのかはそれぞれですが、やはり医者として犠牲を払って今がある以上黒田の犠牲が彼女を大きく変えたのは間違いないし、それで優しさをなくしたかもしれないけれど、医者として優しさだけでは医者は務まらないのも事実です…。

 

そして白石は毅然とした態度で患者と接して最善の選択肢を示しました。

別にこの姿勢は悪い事じゃないし、ハイリスク、ハイリターンを考えた時には手術をした方が完治する可能性が高いというのは当然医者はそちらを薦めるのでしょう。

 

そして緋山のケースでは美容整形して失敗した患者が運び込まれてきました。

確かに女性である以上美容整形に執着するのはわかりますが、それでも危険な海外での整形手術は大きな危険と代償を払う事を痛感するシーンとなりましたね。

 

そしてその患者は術後の食事で細菌が蝕み帰らぬ人となりました。

これは例え発見できても1%の確率でしか助からない症状だっただけに、危険な美容整形は考える必要がありそうですね。

 

そして最後は藤川のケースですが、藤川も当初の頃から比べると修羅場を乗り切ってきた事で大きく成長したなぁと思いました!

 

【超まとめ】コードブルー 2シーズン 2話動画

いかがでしたか?

コードブルー1シーズンの時と比べて藤川が結構成長していたのがわかる回だったと思います。

また、緋山の感情にも、とても胸を痛めてしまうような回でもありました。

またみたいなと思った方はぜひ見てみてくださいね!